スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 気ままでないブログ(^^; NAKAYAMA > ヒメサユリ

ヒメサユリ

ヒメサユリはオトメユリとも呼ばれ、新潟県・福島県・山形県の3県の県境地域とその他ごく限られた地域にのみ自生している日本特産の希少なユリで、自生地は保護されています。
他のユリが6月中旬~8月の夏期に開花するのに対し、ヒメサユリは5月下旬~6月上旬と一足先に開花期を迎えます。草丈も低めで花も小さめの控えめな桃色の花。ほのかな芳香を漂わせて咲く姿は儚げで美しいものです。
球根も比較的出回っていますが、自生地が高原地帯で高温多湿にやや弱く、まだ草勢も強くないため、栽培は中・上級者向けです。
改良著しい園芸種のオリエンタル・ハイブリッド系の淡ピンク色の花色を咲かせる品種にはヒメサユリが交配親として使われている場合が多いですが、本種の性質を受け継いで弱いものが多いでようです。