スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 気ままでないブログ(^^; NAKAYAMA > 松葉枯れ病が流行しています

松葉枯れ病が流行しています

松(黒松・赤松)の葉や枝が枯れる病気が最近流行っています。
代表的な病状として、
・葉の先端が赤くなって枯れてくる → 赤斑葉枯れ病
・葉全体が赤くなって枯れる → 葉ふるい病
があります。
原因として菌体が新葉に侵入して感染することで発生します。また風等により他の松への二次感染の恐れもあります。
放置すると芽まで感染して枝ごと枯れる場合がありますので、春~秋にかけて的確な薬剤(殺菌剤)散布と樹勢回復を行う必要があります。
症状が出ていて「?」と思われたら当社へご一報下さい。
なお、松の根元への除草剤の多用により樹勢が衰えて感染の原因の一つとなる場合がありますので、注意が必要です。