スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 気ままでないブログ(^^; NAKAYAMA > 冬の枯松伐倒・燻蒸作業

冬の枯松伐倒・燻蒸作業

恒例の枯松伐倒・燻蒸作業。冬は造園業にとって閑散期ですが、海岸近辺の枯松の伐倒と薬剤燻蒸処理が大きな仕事の一つです。
松枯れの原因は、マツノマダラカミキリが媒介するマツノザイセンチュウという線虫が引き起こす一種の萎凋病。線虫に感染した松は急速に衰弱し、やがて枯死し、そこにカミキリムシが産卵します。まだ羽化しない冬の間に枯れたりまたは枯れかけた松を伐倒、玉切りして積み重ね、薬剤をかけビニールシートで密封し、カミキリムシと線虫を駆除します。
この冬は今のところ降雪がほとんど無く、作業はしやすい状況です。
写真は枯れた黒松の木をチェーンソーで伐倒するSAKURAI君。