スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 気ままでないブログ(^^; NAKAYAMA > ひゃんで花火

ひゃんで花火

「ひゃんで」という方言。新潟県五泉市を中心とした一帯で使われており、意味は「凄い」という意味。
「ひって」とか「ひんで」とかいう場合もありますが、使われ方は大体同じ。
7月27日(土)に五泉市で「ひゃんで花火大会」が開催されました。
かつてバブリーな頃、新津・五泉・水原等3市中蒲と呼ばれた地域合同で3尺玉6連発を含む1日2万発上げるという凄まじい花火大会がありました。バブルの崩壊、市町村合併、事故などが重なり、その本当の意味での「ひゃんで」花火大会は消えてしまいましたが、その夢が忘れられないのが人間、規模は大幅に縮小し、最大でも尺玉が限界ですが、なんとか華やかな花火大会で夏を盛り上げたいという気持ちがこもった花火大会が2016念から始まりました。例年は8月のお盆過ぎだったのですが、今年は7月開催と早かったですね。
【機材】
カメラ:SONY α7III
レンズ:SONY ZEISS FE24-70mm F4 ZA OSS

スターマインで