スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 気ままでないブログ(^^; NAKAYAMA > ヒガンバナの季節

ヒガンバナの季節

晩夏~初秋を真っ赤に彩る花、ヒガンバナ(曼珠沙華)。
英名をリコリス・ラジアータといい、ヒガンバナ科リコリス属の1種です。
夜温が20℃を下回るようになると、一斉に花茎だけをニョキニョキ伸ばし、その先端に長い蕊を突きだした6弁花を数輪咲かせまが、花時は短く、3~4日で萎んでしまいます。

中国原産で、古く日本に渡来した帰化植物。
日本にあるヒガンバナは3倍体で種ができないので、増殖は球根(鱗茎)の分球のみ。なのにこれほど日本全土に広まったのは、有毒の球根を救荒作物(毒抜きをして食した)として、またネズミやモグラ除けのため田や畑や墓地の周囲に植えたこと、また洪水によって土砂ごと運ばれてそこで根付いたことと言われています。よって、人里離れた山野では一切見ることがなく、人家に近い所や川原や土手などでしか見ることができないのはそのためです。
使用機材:SONY α7Ⅱ
レンズ:ZEISS FE24-70mm F4 ZA OSS